文化祭

お借りした写真集からもいただいた作品からもどんな人なんだろう??ってとってもどきどきしながら夫についてゆく。

いくつもの作品を観ながら観ながら彼の作品に辿り着く。「彼のだ!」と気づけたことに心があがる。夫に連絡してもらって彼を待つ‥

現れた彼にその作品たちがストンと腑に落ちる。
さらにさらにお話しを聞いていてストンと腑に落ちる。

「彼らしい‥」がひとつひとつなんて素敵な19歳なの!

「これから」もとてもたのしみ☆

Categories: 未分類.

ドアポストから

不在票を取り出し、送り主の名前をみる‥

泣きたくなった。

彼女の家と私の家とはとても離れているのにいつでもスタンバイオーケーで待っててくれるサイコーのともだち。

残業続きで受け取れなかった彼女の荷物を翌日、時計を何度も見ながら再配達を待つ‥チクタク‥

ノックの音に飛び出して荷物を受け取る!

包みを開ける!!!
「わおーーーーー!!!」

いい香りの林檎たちとフィンランドのモコモコ靴下☆
夫にひつじ。私にホワイトスワンを選んでくれた!!!

「さすが〜」とふたりで声を合わせ、添えられた手紙にひとり涙がとまらないよ。

優しさがいっぱいでほかほかーーで届いてギューって抱きしめた☆

だいじょうぶ

Categories: 未分類.

郵便受けから

取り出した包み。

並んだ切手に心が躍る!

「郵便屋さんが届けてくれる」って何歳になってもワクワクで、嬉しいな☆

Categories: 未分類.

ものがたりをつむぐひと

ページを開き読み始めると、始まったばかりの物語に心がはずむ。

真ん中あたりで主人公の雲行きが怪しくなると必死に応援する。

〝きっとハッピーエンドさ″と期待だけで安堵する。

なのになのに今年の物語は想像していたハッピーエンドで閉じられなかった!

驚いたー

驚いたー

私は物語を書こうと思ったことがないから、シナリオを考えなければならないとなれば「ハッピーエンドで皆踊る」。しか浮かばない‥でも、物語を紡ぐ人はいっぱい種を蒔いている。束ねた収穫を見てほんと驚く。気をつけてないと読み過ごしてしまうぐらいいっぱい蒔いている‥
時々説明してもらって「おおおー」と言ってる。

アップデートになるのかな??

全く想像できないけれど(「こうきたかー」が嬉しい)、「ブルー」になったぼくはどうなるのだろう

たのしみでしかたがない!!

でも、もっとも驚いたのはこうして1冊の金色の本が今年も用意されてたこと!!!
☆☆☆ありがとう☆☆☆

Categories: 未分類.

壁に

十字架型の傷を見つけた!

嬉しい☆

Categories: 未分類.

BIG FISH

父の命日を母と過ごす。

母もすっかりおばあちゃんになった。

5月には82歳になる。

「母を心配」するというよりも「82歳」という年齢が心配を引き寄せる。

目の前の母は病院にお世話になるところがあっても笑顔で暮らしているのに。年々、私の心配性は酷くなるばかり。なにもできないのにね。

そのくせいちばん私のことを心配していてほしいのだ。私は子供のままだ。

父は66歳のとき、大動脈瘤解離で突然旅立ってしまった。部屋にひとりきりで。だれにもその瞬間を知られないまま。残された父のひとりきりの時間が生々しく部屋に残っていた。

この日のことはよくよく覚えている。病院へ向かう電車からみた空やタクシーの中でのこと。十数年過ぎても変わらず悲しい。

変わらない。

父は桜のトンネルをゆっくりゆっくりくぐり我が家を後にした。その光景もあって桜の季節は私にとっては悲しい季節だ。だけれど、なんか全く違う思いに気づかされた。父に用意された桜のトンネルがとても美しく思えている。父は超ド級の心配性で家族を愛してくれた。当時は鬱陶しく思えたけれどあれほど愛してくれる親はいないと誇らしく、そして力強くしてくれる。父が聞かせてくれた沢山のこともしっかり私の中で生きている。

私自身は父に対し悔いの残ることは山ほどあるけれど。

感謝の気持ちはいまだ増え続けている。

Categories: blog.

vroom vroom

夫から届いた☆white day☆

すごいぶんぶんしたマフラーと春色のぶんぶんしたギモーブ❤︎

嬉しい気持ちがドライブ中
ありがとう!

あした家族の住む雪降るまちへ。
春色ギモーブで頬を染めて
ぶんぶんマフラーを早速!巻いて会いに行くのだーー☆

Categories: blog.

嬉しい休日

はじめてのおでかけも「ブルーノムナーリ」。夜行バスに乗って京都の恵文社まで。

この日は世田谷美術館。公園のなかにはそれぞれの休日風景。

わたし、やっぱり、ブルーノムナーリがとてもすき

Categories: blog.

17年目

思ってもみなかった贈り物が冷蔵庫の中でわたしの帰宅を待っててくれた!

バスの窓越しに気になってたお店。そこでお祝いのケーキを用意してくれてたなんて!!!

きょうは17年目の記念日。

ほんといろいろある日々だけれど、こうしてわたしの心を「嬉しい」でいっぱいにしてくれる天才。

向かい合わせの宴から始まる17年目の大冒険へ

どうぞこれからもよろしくね☆

Categories: blog.

1月7日

ことし1年、

健やかに朗らかに無事に過ごせますように☆

なんか?なんか?予想と違うできあがりになってしまった‥でも‥願いはおなじ!!

Categories: blog.